輸入住宅の特徴については


輸入住宅は日本家屋と違って洋風の独特の外観を備えています。どう日本の家屋と違うのかという点でいうと、そもそも西洋人の設計の

考え方に基づく点とも言えます。

それは畳の間で生活しないために機能性にも表れますし、
吹き抜けがあったりオープンな間取りであること、床は靴を履いたまま歩くとか装飾が施された建築素材が使われたりしていて違います。

輸入住宅の性能としては気密・断熱性能に優れ、
断熱材は日本のものよりは厚くて多くの量が使われています。
気密であることでは複層ガラスが普通で中には3重の窓構造のものも見受けられます。

耐震性に関しては地震にも強いボックス構造になっていて一体として外力に抵抗しますので優れています。
耐久性にしても世代を越えて住み続けて行けるように作られていて100年は持つとされています。
耐火性については壁の中に組み込まれたファイヤーストップ材と呼ばれるものが効果を発揮するようになっています。

中には暖炉を備えるものもありますが日本の場合は薪を集める習慣はないのでオプションとなるようです。
北米大陸からの輸入住宅はツーバイーフォー住宅と呼ばれ、
パネルを使った枠組壁工法という工法がとられています。

北欧からの輸入住宅も見られこれらの国は自然環境が厳しくて気密・断熱化も徹底されていて重厚感があるとともに木の温かみとか素朴な感じも備えているとされています。

あとログハウスに見られるように丸太を交互に組み立てて行く丸太組み工法という方法や柱や梁で支えるティンバー・フレーム工法という方法もあります。
浜松の輸入住宅のサンタフェはオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *