内容のないような大人と子供のネット http://zolidirect.com My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 07:37:41 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.5.7 浜松の輸入住宅でレンガの素材にこだわる http://zolidirect.com/?p=21 http://zolidirect.com/?p=21#respond Fri, 30 Sep 2016 16:16:21 +0000 http://zolidirect.com/?p=21 レンガの美しさに魅力を感じて、家中のあちこちにレンガを並べた住宅を作りたいのであれば、浜松の輸入住宅業者は必ずチェックしておきましょう。

海外の住宅デザインの中にはレンガを取り入れたものが本当に多くて、その中でもサンタフェスタイルの住宅は、レンガの作りにもこだわりがあってオススメです。

サンタフェが発展する前には先住民族が何万人もいたのですが、その先住民族が作り上げたアドビという日干しレンガは、独特の優しい見た目で好評を得ています。

その日干しレンガは吸収した熱をゆっくりと放出するという特徴を持っており、住宅の内部の室温を一定に保つ効果があって人気が高いです。
そんなアドビなどの日干しレンガを使ってくれる、浜松の輸入住宅業者は素材に対するこだわりを込めやすくて、心から満足できる住宅を手に入れられます。

日本は暑さが気になる国なのですから、レンガ一つにも暑さ対策ができる機能性を込めて、快適に暮らせる住宅を手に入れてみましょう。浜松の輸入住宅業者であれば、海外から取り寄せた日干しレンガであっても、格安で使わせてもらえるために費用面での問題も起きにくいです。

磐田のリゾートスタイルの輸入住宅情報は初心者にも分かりやすいです。

風が吹き付ける方角なども計算しながら、窓の配置にこだわったサンタフェスタイルの住宅を手に入れて、夢のような暮らしを始めてみてください。

石灰石モルタルなどを手塗りで作り上げた、温かみのあるデザインを見ているだけでも、毎日幸せな気持ちを感じていられることでしょう。

]]>
http://zolidirect.com/?feed=rss2&p=21 0
欧米の広々とした輸入住宅。耐震対策もしてあります http://zolidirect.com/?p=17 http://zolidirect.com/?p=17#respond Thu, 25 Aug 2016 10:44:22 +0000 http://zolidirect.com/?p=17 住宅を購入したい、そう思ったら慌てずじっくり検討することが大切ですが、それは住宅が高額なお買い物だからというわけではありません。

住宅は生活用品のように頻繁に買い替えるものではなく、
数十年使っていく一生もののお買い物だからです。

なので、外観やメーカーの知名度だけですぐに決めてしまうのは、
後で後悔する確率が高くなってしまいます。

もし住宅を選ぶなら、浜松のオーダーメイド輸入住宅もご覧になってみてはどうでしょうか。

日本なのになぜ欧米の住宅、と思う方もいるかもしれませんが、あえて日本だからこそアメリカ映画で見た憧れの広々とした住宅に住むのもアイデアです。

日本に住んでいれば和食など食事面はヘルシーなことはもちろん、治安面でもほとんどの欧米諸国より高い傾向にあります。

しかし住宅についてはやや狭い傾向にあります。
そこで少しでも広々とした室内を味わうため、輸入住宅を選ぶのも気分転換になります。

物資の出し入れが楽な大きなドアや門、吹き抜けの高い天井、広々としたキッチン、華やかな壁紙などは輸入住宅ならではです。
もちろん住宅の中に和室を作ることも可能です。

気になる耐震対策も、日本向けに作る輸入住宅はきちんと対策が練ってあります。輸入住宅専門のメーカーも増えているので、資料請求をしたり、実際に住宅を展示している会場を訪れてみると良いでしょう。

アメリカやカナダ、フィンランドなど人気の北欧圏もあります。お好みの住宅が見つかるかもしれません。

]]>
http://zolidirect.com/?feed=rss2&p=17 0
輸入住宅を検討する際に考えること http://zolidirect.com/?p=13 http://zolidirect.com/?p=13#respond Tue, 26 Jul 2016 08:30:21 +0000 http://zolidirect.com/?p=13 デザイン性の高さが注目される輸入住宅ですが、現実に日本の環境で建てるとなれば、考えることは沢山あります。

まず住宅というものは基本的に、日頃のメンテナンスが非常に大切です。

そのためには修繕のための資材も必要になります。
その点、輸入住宅は日本とは異なる規格となるために、国内のお店ではなかなか必要とする資材を購入することができないものです。

そこで輸入して取り寄せる必要があります。それをスムースに行うためには、取り扱う会社が必要になります。

基本は浜松のオーダーメイドの輸入住宅を購入した工務店やメーカーを通して発注することになりますが、
その会社が無くなってしまった場合のことも考えておく必要があります。

また輸入住宅は性能の高さでも注目されます。
有名なツーバイフォー構造は地震の揺れにも強いことから人気ですが、同時に気密性も極めて高いものとなります。

ここで問題となるのは、日本の高い湿気を含んだ空気も室内に閉じ込めるということです。

これをうまく排気できるようにしなければ、結露やカビの発生原因となります。
元々海外は乾燥した地域が多いのでこのような心配は不要ですし、建物も非常に長持ちするわけです。
それをそのまま日本に持ち込むのであれば、それなりの対策も立てる必要があります。

大手のハウスメーカーなどでは、上手く日本の風土に合うようにアレンジも加えています。
このような輸入住宅を検討するのも、結露対策などを考えたひとつの手段となります。

]]>
http://zolidirect.com/?feed=rss2&p=13 0
輸入住宅を下見して内装で選ぶメリット http://zolidirect.com/?p=9 http://zolidirect.com/?p=9#respond Tue, 28 Jun 2016 08:48:38 +0000 http://zolidirect.com/?p=9 輸入住宅は、日本の伝統的な一戸建てとは違い、思い切ったデザインや内装を採り入れることが容易です。住まいの常識にとらわ

れずに、自由にカスタマイズできると理解して良いでしょう。

限られた延床面積であっても、壁紙を白一色で統一することで、広々とした空間に仕上がります。

輸入住宅の魅力の一つに、思い切ったデザインによる統一感のある内装仕上げが挙げられます。
まるでカフェやモデルハウスのような、心地よい空間に仕上がるからです。

輸入住宅は、原産地の住まいを、日本に再現するものなので、日本固有の気候や風土に合わせてカスタマイズされているかも重要になってきます。

輸入住宅は価格が高額になることが多いですが、だからといって家賃が高額になるとは限りません。
同じ価格帯の家賃で、広々と感じられる内装の物件に住めることが多いのも魅力です。

賃貸物件として利用する場合、すべての情報が開示されるわけではありません。
築年数と延床面積は必要なデータとして開示されますが、使用されている木材の産地は不明ままの場合もあります。

魅力的な輸入住宅は、下見をして初めて実感できることも少なくありません。
あらかじめ開示されているデータが少ないなと感じたら、必ず下見を申し出るようにしましょう。
浜松のパリスタイル輸入住宅がよいですね。

下見をしてみて、八寸の角材を使用して施工されていたり、二重窓に施工されていれば、北欧からの輸入である場合も多いです。

北欧の八寸角材は、耐久性が高く、虫害の被害にもあいにくいので、安心して暮らせる住まいに仕上がっています。

]]>
http://zolidirect.com/?feed=rss2&p=9 0
輸入住宅の特徴については http://zolidirect.com/?p=5 http://zolidirect.com/?p=5#respond Sat, 28 May 2016 04:11:32 +0000 http://zolidirect.com/?p=5 輸入住宅は日本家屋と違って洋風の独特の外観を備えています。どう日本の家屋と違うのかという点でいうと、そもそも西洋人の設計の

考え方に基づく点とも言えます。

それは畳の間で生活しないために機能性にも表れますし、
吹き抜けがあったりオープンな間取りであること、床は靴を履いたまま歩くとか装飾が施された建築素材が使われたりしていて違います。

輸入住宅の性能としては気密・断熱性能に優れ、
断熱材は日本のものよりは厚くて多くの量が使われています。
気密であることでは複層ガラスが普通で中には3重の窓構造のものも見受けられます。

耐震性に関しては地震にも強いボックス構造になっていて一体として外力に抵抗しますので優れています。
耐久性にしても世代を越えて住み続けて行けるように作られていて100年は持つとされています。
耐火性については壁の中に組み込まれたファイヤーストップ材と呼ばれるものが効果を発揮するようになっています。

中には暖炉を備えるものもありますが日本の場合は薪を集める習慣はないのでオプションとなるようです。
北米大陸からの輸入住宅はツーバイーフォー住宅と呼ばれ、
パネルを使った枠組壁工法という工法がとられています。

北欧からの輸入住宅も見られこれらの国は自然環境が厳しくて気密・断熱化も徹底されていて重厚感があるとともに木の温かみとか素朴な感じも備えているとされています。

あとログハウスに見られるように丸太を交互に組み立てて行く丸太組み工法という方法や柱や梁で支えるティンバー・フレーム工法という方法もあります。
浜松の輸入住宅のサンタフェはオススメです。

]]>
http://zolidirect.com/?feed=rss2&p=5 0